SOLT関わる全ての人々の幸せに貢献する

scroll

scroll

COLUMNコラム

東京五輪が終わり、日本各地で季節外れの低気圧で大雨となっている。高校野球は延期を強いられ満足したグラウンドコンディションではない。まさに世の中は千変万化。天候のような外部環境は自分たちでは変えようがない。

ただ内部環境は自分たちで改善することが出来る。経営者は長期的・戦略的に内部環境を改善していく事ができる。企業の根幹をなす経営理念(考え方)と経営戦略(実践の方向性)は他人によって変えられることはない。外部環境の変化によって戦略は変更する事はあっても、それは自ら考えて変えていく。

経営者とは何をする人なか。工務店で言うと営業・設計・インテリアコーディネーター・現場監督・経理人事総務のスタッフがいるがこれらの仕事をプレイヤーとしてしている人は実務者。銀行からお金を調達するのは経理マンなのだ。少人数でやっている会社や実務好きのの経営者が忙しいのは経営の仕事と実務をしているからである。お客様から契約を頂くのは営業マン。基本プランを設計するのは設計マン。これらの実務をすべてできる人が社長なわけでもないし、単に社長という肩書があれば経営をしていると言うわけでもない。

では経営者の仕事とは何だろう。かのドラッカー先生は下記のように言葉をのこしておられる。

『トップマネジメントは何を”専管”とするかを考えなければならない。
全体を見ることができ、全体に責任をもつ者だけが行うことのできる意思決定である。第一に、事業の決定、組織としての価値観の決定である。
第二に、資金配分の決定である。第三に、人材配置の決定である。』

個人的に経営とは『まず理念を考える。事業を決める。長期的ビジョンから戦略を立てる。仕事のなかで人を育てる。資金を配分する。地域社会に貢献する。』という事ではないかと考えている。中小企業経営者は実務の時間ではなく経営の時間をとるようにした方が良い。『7つの習慣』でいうところの第二象限の時間を増やすという事になる。

画像2

画像1

相応の業界における知識やスキルは必要であるが、それよりも経営者は会社の経営について考える時間を増やした方が会社のためになるのである。

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

ご相談はこちら

お問い合わせ、お⾒積りは無料です。
何でもお気軽にご相談ください。